バンドのリーダー格!ダブルリード楽器のオーボエ

全体の音を引き締める

オーボエはソロ楽器として活躍できるというのが大きな魅力の一つで、吹奏楽など合奏でもおいしいソロパートが回ってくることも多い楽器ですよ。バンドの中でちょっと目立ちたい人に向いているといえるでしょう。ダブルリードが特徴の楽器で、きちんと吹くことができれば他の楽器よりも発音が速く、音の輪郭がはっきりしています。そのため、アタックの瞬間、点描画の黒の縁どりのようにオーボエの音がバンド全体の音を引き締めてくれますよ。つまり、バンド全体をリードできる魅力のある楽器といえるでしょう。

質の向上により弾きやすくなっている

オーボエはセミオートタイプが主流ですが、フルオートのものもあります。セミオートに比べ第二オクターブキーがなく、完全に第一オクターブキーと連動しているのが特徴ですよ。そのため、運指は少し楽にこなせるでしょう。しかし、より複雑な機構を持っているため、微妙な調整が必要で、こまめなケアは欠かせません。ワンツースリーシステムというセミオートにはない機構があり、丸く太い音がする替え指が使えるのも特徴の一つといえるでしょう。基本的にオーボエは、ダブルリードと複雑なキーの仕組みを持つというのが大きな特徴になり、似たような機構の楽器にイングリッシュホルンがありますが、オーボエよりも大きく、音域も低くなります。オーボエ自体は、チューニング機能がなく音程を合わせにくい構造にありますが、楽器の質が向上してきているのでユニゾンでも音を合わせることが可能になってきていますよ。

オーボエは木管の楽器で見た目はクラリネットに似ています。ダブルリードという珍しい構造で他の楽器では出せない独特の音色がとても魅力的です。オーケストラなどではソロパートも多い重要なポジションです。