ピアノは様々、用途に応じて使い分けよう!

ピアノを専門的にやりたいならグランドピアノ

ピアノと言えば音楽室にあるグランドピアノを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。古くから親しまれている楽器でプロがいるほど奥深い楽器です。専門的にレッスンを受けたりこれからピアニストを目指したいのならグランドピアノが良いとは思いますが、大きさがあるので一般家庭ではスペースを確保できない可能性もあります。更に重さもあるので、簡単には搬入も移動もできません。場合によっては床が沈み込んでしまう事もあるのです。

スペースが確保できないけどピアノが練習できる環境を

グランドピアノを置くスペースが無いならちょっと小さめのピアノ、アップライトピアノが便利です。省スペースに収納できてキチンとピアノの音がする優れものです。価格もグランドピアノほど高くないのでコスパも抜群ですし、練習するには充分なピアノの音も確保できます。コチラも重さはそれなりにあるので設置場所に気をつける必要はあります。

趣味として演奏したいだけならキーボードという選択肢

本格的に使わずただの趣味として演奏してみたい、持ち運びができるくらい手軽なピアノが欲しいという方もいるはずです。そんなときにはキーボードが便利です。キーボードというと本物のピアノからかけ離れたいかにもシンセサイザーな音色がするイメージを持つかもしれませんが、それは昔の話で今では本物のピアノと同じ程に優れた音がするキーボードが登場しているのです。スペースもピアノとは比べ物にならないほどコンパクトで持ち運びも出来るサイズまであります。音色はピアノ以外も出せるので気軽に遊ぶ事も可能です。ただし、一度に出せる音数に制限があるので注意が必要です。

スタインウェイとは世界で最も有名な高級ピアノメーカーです。有名な音楽ホールに置かれているピアノのほとんどがこのメーカーのピアノです。音の迫力と力強さ・適度な響き・表現の多彩さなどが魅力です。