使うと便利な電動工具!用途の違うタイプ別3選!

これぞ電動工具の代表格

工具に詳しくない人だと電動工具について知っていることは少ないでしょうが、正式名称が分からなくてもドリルドライバーくらいは見たことがあるはずです。一般的にも電動工具のイメージが、ドリルドライバーやインパクトドライバーであったりするのが多いと思います。ドリルドライバーにはチャックという部分があり、そこにアタッチメントを取り付けることが可能になっています。つまりドリルドライバーを1台持っているだけで、色々な工具に変えることができるのです。チャックに六角レンチやドライバービットをつけることで、一台で幅広い活用が可能になります。

何倍ものスピードになる

ハンド作業でもできますが、やはり電動のスピードには敵いません。木材で作る家具の仕上げには紙ヤスリを使いますが、力は要らないにしても長時間の地道な作業となります。そんな時に利用したいのが電動サンダーです。人力では不可能な振動数によって短時間で何千回もの摩擦を起こすことができるので、一度使えばその勝手が分かると思います。通常の紙ヤスリをそのまま挟んで使うこともできるタイプもありますので、1台購入しておくと何かと重宝できる電動工具と言えるでしょう。

本格派にはこの電動工具

ツーバイフォー などの木材をもっと安く購入するなら、2m以上の長さを買うといいです。1m以下の木材は切り落としにかかる工賃も含まれますので、多少なりとも高くなってしまいます。木材は長ければ長いほど安く仕入れることができます。採寸してノコギリで切ることもできますが、丸ノコといった電動工具を使えば一瞬で切断できます。寸分の狂いもない直線を出したい時は、まさしく電動丸ノコの出番です。

要らない電動工具がある時に、ネットを使って売ってもなかなか売れない場合が多く、電動工具の買取店に持って行くのが効率的です。