あなたの車は大丈夫?車検の価格の違いはここにある!

車検はどこに出しても同じ値段ではないのか

新車であれば三年経過すれば車検に出さなければならず、それ以外の車は二年を経過するごとに車検を通さなければなりません。しかし、広告などを見ると同じ車にも関わらずかなりの金額に差があることに気がつくでしょう。これはどのような違いがあるのでしょうか。金額が安い所が雑にチェックをして、高いところであれば丁寧に見てくれていると言うわけではありません。必要最低限の部品だけを交換すれば、工賃と材料費を抑えることができるので車検が安くなるのです。検査場によって金額を自由に変えることができることも背景にあるでしょう。自社工場を持っていればコストを抑えることができますし、代車を使うか使わないかでも価格に差が出てきます。

法定費用に関しては変わらない

基本料金や自賠責保険等に関してはどこの車検場でも同じ金額を支払うため差はありません。それ以外のチェック項目に関して検査員の判断により交換を勧められる場合もありますし、現状維持でも車検を通すことができると判断することもあります。つまり、車検の項目の基準に対して判定がギリギリ通過できる場合はお客様に判断を委ねることも考えられ、二年後の車検までは故障するリスクを少しでも減らしたいと思う人は、交換を依頼したり、途中で売却等の理由で手放す場合はそのままでいいと判断することもできるのです。つまりは現段階で車検に通るかどうかを判断するだけであり、次の車検まで必ず故障せず車に乗れるかどうかを確認しているわけではないので注意をしなければいけないです。

広島の車検はユーザー車検の店舗があり、最低限の作業を前提とするためリーズナブルな価格が実現しています。当日完了します。